バビロンの大富豪の教え【黄金に愛される七つ道具】「収入の十分の一を貯金せよ」の感想

初めて3周以上読み返した本 書籍紹介~Books~

あくまで「自分視点の感想で進んでいく」ことを記載しておきます。

基本的に武器屋の息子のバンシル視点で描かれていく話です。
その中で【黄金に愛される七つ道具】【五つの黄金法則】があるんですが、
今回はその中の1つ「収入の十分の一を貯金せよ」についての感想です。

他の【黄金に愛される七つ道具】の内容は、

  1. 「欲望に優先順位をつけよ」
  2. 「貯えた金に働かせよ」
  3. 「危険や天敵から金を堅守せよ」
  4. 「より良きところに住め」
  5. 「今日から未来の生活に備えよ」
  6. 「自分こそ最大の資本にせよ」

の6つです。

さて、ここ重要なんですけど、
自分に知識が無い
っていうのはかなり不利なんですよ。
知識が無いと防衛ができないし、だまされたりなくしたり、判断ができません。
その上で

知識が無いということは……

まず、知識っていうのはすごいんですよ。例えば今、

「10万円が入ってる袋をもらう」
「お金を増やすための知恵が入ってる袋をもらう」

どちらが得か分かりますか?

「今ある10万円」をもらうよりもその知恵を学んだ方が、
「後々10万円以上の価値」になるっていう話なんですよね。

初めに2つの袋があったとします。それが
「お金を増やす方法が入った知恵の袋」
「10万円が入った袋」
です。
あなたはどちらを選びますかっていう話なんですよね。

選択としては

10万円の袋をもらう
知恵の袋をもらう
何ももらわない

※複数もらうことはできません。
さて、この3パターンがその後どうなっていくかを考えてみてください。

考えましたか?

何ももらわない


何ももらわない場合、確実に何も増えないですよね。
お金はその人物が本当に自分がすごい成長できる人で、
お金を稼げることを知ってる人であればお金は増えるんですけど、
通常であればこれは増えないです。

10万円の袋をもらう

10万円をもらう場合、これも本質的にはお金は増えないんですよね。
なぜなら10万円手元にあってそれを使うだけ。
もらったお金自体で増やしていくってことはしないので、
もらったお金を使うだけでお金はなくなってしまうってことなんですよ。

知恵の袋をもらう

知恵の袋をもらった場合、
今手元にはないですけど0から1にする知恵をもらったってことなんですよね。
お金を増やす知識」を貰ったってことなので、
0から1にできれば増えてるんですよねお金は。

ここから先どうなっていくかっていうと、
最初から何も貰わなかった人は最初から何もないし、増えない。

10万もらった人っていうのはその10万円を使い切った後はお金がもうないんですよね。

知恵をもらった人はどうかっていうと、
最初確かに仕組みを作り上げてお金を増やすっていうところまでに時間はかかると思うんですけど増えるんですよね。
時間はかかるけども増えるんですよ。
「お金が増える」これが一番の違いなんですよね。

大事なんですけどお金持ちっていうのは、
「お金自体を持っている人」じゃなくて、
「お金に仕事をさせてお金を稼ぐ仕組みを知っててそれを実行できる人たち」が金持ちだと思うんですよね。

なぜならさっき言ったように、お金を持ってても稼ぎ方を知らない、
増やし方を知らないんであればそれは使いきっちゃったら終わりなんですよ。

ある意味宝くじですね。
宝くじで当たったとして、当たったお金を使っちゃえばもうその人はお金がないんですよ。
だけど、宝くじが当たったとしてお金を元手に何か資産運営をしてかしこくお金を働かせれば増えるんですよね。
大きな違いじゃないですか?

最初に宝くじでお金を手に入れました→手に入れてから使用するだけ。
人間っていうのは欲にはかぎりがないのでこんなに金あるんだったら「あれに使っちゃえ、これに使っちゃえ」って言って結局すぐなくなると思うんですよね。

そうすると結局一気に儲かっても増えないって感じなんですよ。
だけどそこで、儲かった後に資産運用すれば、例えば宝くじだったら1億とか当たれば、
1億もらえるんで資産運用に回したら年利3%だとすれば300万円です、使うんじゃなくて資産運営で、年利3%で300万円ですよ、年間。
つまりそういうことなんですよ。

今のは宝くじで例を挙げたんですけど、宝くじの金額まで資産を貯めれば年利3%運用で年間300万が入ってくる。

そこまで貯めるのも結構辛いと思うんですけど、
ここで出てくるのが、バビロンの教えの中の【黄金に愛される七つ道具】の1つなんですけど、
「収入の十分の一を貯金せよ」になります。
ここができるかできないかで大きく変わってくると思います。

例えば収入が月10万円として、その10分の1、1万円を貯金すると、
・1年で12万円になります。
・10年で120万になります。
・20年で240万円になります
貯金を運用することによって、それよりも多い金額になります。

複利っていう考えがあってまず最初に1万あり年間2%乗るとします。
翌年はそこに更に2%増えるんで、どんどんどんどん増えていく。
それが複利の凄い所なんですよね。そんな感じでちゃんとやれば資産っていうのは増えていくんですよね。

七つ道具の1つ目が、「収入の十分の一を貯金せよ」なんですよね。

実際これがすごく深いんですよね。「たった収入の10分の1を貯金すればいいのか」じゃなくて、
これ本当に深いと思ってて、収入の10分の1を貯金するっていうことが、
今できてる人どれぐらいいるのかなって思うんですよ。

例えば月収が
10万円だったら月1万、
15万円だったら1万5千、
100万円だったら10万
月収100万円はもらいすぎ?
でも月収100とかいる人はいるからね。
だから平均どこなんだろう30位?

月収30万として10分の1は3万でも30万もらってたら、
今の自分で月間30万円もらえたとしたら、月に20万は資産を増やせるんだよね。

20万円が1年経つと240万円ですよ。今の収入が月10万なら240万を10で割って24。
24ヶ月……つまり、2年間働かなくてよくなりますね。

月収30万円の仕事について1年間働いて、10分の1以上になるんですけど、それを貯金するだけで、
1年間働いたら2年間休みとっても問題なくなるという形ですよね。

マジで。

今この10分の1を貯金するっていうのは簡単なようで、
難しいんじゃないかなと思ってます。
なぜなら10分の1を貯金することができるんであれば、
みんなそれなりにお金持ちになっててもおかしくないんですよね。

自分みたいに元の収入が少なくてもその10分の1を貯金したら年間12万はプラスになる。
それを運用していれば12万しかないんでアレなんですけど、12万円で運用で2%だと2400円ですね。
年間2400円。大体12万円で2400円ですよ。

だけど貯めた後の1年ですよね。2年になると24万円がベースになってるんで4800円。2400円が4800円になってるんすよね。
3年になると36万円がベースになって7200円。
さらに翌年になると48万円で9600円になってるんだけどただそこに複利が乗るもっと増えるはずなんですよね。

そうなると自分みたいな低収入でも
2400円が4800円になって7200円になって9600円になって
複利込みで1万になる。
5年後に不労で1万円になるって言う話ですよね。
自分みたいな低収入にでも月10分の1の貯金をしながら2%で計算して5年後ぐらいに年間1万の不労収入になる。
すごい話ですよね。

逆に「月10分の1を貯めるには?」ってなってくるんだけど、
その方法は「貯める力」に関わってくる話ですね。
なので、この「収入の十分の一を貯金せよ」は深いなぁって思うんですよね。
「貯める力」に関しては記事ができたら読んでいただくか、
・「貯める力」を読んだ感想

リベラル大学をご覧いただくか
貯める – 支出を減らす力を育てよう (再生リスト)

書籍も出てますので買っていただき自分の目で確かめてください。

話がそれましたが、間違いなく「収入の十分の一を貯金せよ」は黄金に愛される方法でしょうね。

他の【黄金に愛される七つ道具】に関しては記事ができ次第こちらをご覧ください。
・【黄金に愛される七つ道具

一つ「収入の十分の一を貯金せよ」
二つ「欲望に優先順位をつけよ」
三つ「貯えたお金を働かせよ」
四つ「危険や天敵からお金を堅守せよ」
五つ「より良きところに住め」
六つ「今日から未来の生活に備えよ」
七つ「自分こそを最大の資本にせよ」

・【五つの黄金法則

「自分こそ最大の資本にせよ」

または買っていただき自分の目で確かめてください。

No0

コメント

タイトルとURLをコピーしました